たぬき暮らし

たぬき顔の嫁と子供と暮らしているので。

【注文住宅】信頼できる業者を選ぶ上で大切な3つのこと

f:id:raccoonman6:20180812143628j:plain

注文住宅を建てるとき、建築業者の選択はとても重要なポイントだ。


建築業者をどこにするかによって、デザインや間取りなど、どんな家になるか左右されると言っていい。


家を新築するとき、10以上のハウスメーカーや工務店、設計事務所などの住宅会社を回った経験から、理想の家に近づくために、信頼できる業者の選び方をご紹介する。

信頼できる建築業者を見つけるための3つのポイント

あなたが理想とするような家を建てた実績がある

例えば、あなたがモダンでスタイリッシュな家を建てたいとする。


そのとき、評判がいいからといって、昔ながらの日本家屋のような家ばかり建てている業者に依頼して理想の家ができるだろうか?


もちろん、デザインが違っても工法が同じなら建てることはできるのだが、経験が少ない=得意ではないと考えた方が良い。私は、昔ながらの工務店に「BESSの家」のようなテイストの家を建ててもらおうとしたが、営業や設計士にそういう家を建てた経験が少なく、よくわからないデザインの家になってしまった。


塩ラーメンがおいしいと人気の店で、とんこつラーメンを注文したら微妙だった・・・というような感じである。


業者のホームページやパンフレットなどで、自分の好きなテイストの家が建てられた実績(できれば複数)があるかどうか、必ずチェックしよう。

あなたが提示した予算を尊重する

「予算は多少オーバーしても問題ない」と考える業者は、非常に多い。


「全てコミコミで○○万円以内」という予算の伝え方をしていたが、「税抜きなら予算内」だったり、「付帯工事抜きなら予算内」、もしくはその両方だったりと、400万円くらい予算オーバーした見積もりを出してきた業者もいた。


私は、ちゃんとコミコミで予算内の見積もりを出してくれた業者を選んだが、最終的な建築費用は予算を200万円オーバーした。少ない予算で色々な要望を出していたので、私にも原因はあるが、業者側も「まあ予算内に収まると思いますよ」とずっと言っていたので、何だか納得がいかなかった。


事前の見積もりはもちろん、家を建て始めて、最終的な仕様が確定した時点で出されることが多い「最終見積もり」をちゃんと予算内に抑えられる業者を選択した方がいい。そんなことができれば苦労しないのだが、


最初の見積もりの時点で予算オーバーしてくる業者は論外だ。


ちゃんとした業者なら、あなたの提示した予算内で見積もり書を出すし、もしあなたの要望を予算内で叶えることができないのなら、そう教えてくれるはずだ。

協力関係にある他の業者のことをちゃんと知っている

あなたの家を建てるのは、あなたが依頼した建築業者だけではない。

むしろ、あなたが依頼した業者とは違う業者が家を建てることもありうる。


家を建てるとき、
骨組みの工事、内装の工事、屋根の工事、外壁の工事、水回りの工事、電気設備の工事...
と実に様々な工事が発生するが、これらを全て同じ業者がやるわけではない。


実は、1軒の家を建てるのに、20~30くらいの業者が関わっている。


ハウスメーカーや工務店、設計事務所などの建築業者は、あなたの家を建てるためのリーダーとなって、他の業者に指示を出す立場である。


当然、業者のことをよく知っている必要がある。


良く知らない業者を、ただ「安く工事してくれるから」という理由で選んでいるとしたら・・・。正直、建てる側としては不安しかない。


「家を建てる」という作業はチームプレイだと思っている。チームメイトである他の業者のことをちゃんと知っていて、信頼していないと良い家はできない。世の中にはたくさんの業者であふれていて、その能力もピンからキリまであるのだ。


他の業者について聞いたとき、「ウチはずっとあそこの業者さんに頼んでて、仕事が丁寧で本当に信頼できるんです。ベテランの〇〇さんが…」などと安心できる裏付けとなるエピソードを引き出せることができれば、その業者はほぼ間違いないだろう。


まとめ

「業者選び」は、家を建てる上で非常に重要なポイントである。一番大事と言ってもいい。


どの業者を選ぶかで、あなたの家がどうなるか決まってくる。


あなたが希望の業者に出会えることを願っている。


POINT

  • あなたが希望するテイストの家を建てた実績がある
  • 提示した予算を尊重する
  • 協力関係にある他の業者のことをちゃんと知っている

信頼できる建築業者をWEB上で探すなら

私は以下のサイトを使って、建築業者を探した。
大手のハウスメーカーだけでなく、指定した地域の工務店からも見積もりを取ることができる。私が使ったときよりも進化していて、間取りプランも作成してくれる。