たぬき暮らし

たぬき顔の嫁と子供と暮らしているので。

【音楽】鳥肌が立つほど秀逸な曲のフレーズを20個厳選してみた

f:id:raccoonman6:20180821235529j:plain

ゆとりだけにゆとりある生活を送りたい、キスケです。

あなたは音楽を聴くとき、メロディと歌詞、どちらを重視しますか?


僕はどちらかというとメロディの方を重視するタイプで、正直何を言っているのかよくわからない洋楽でも、メロディが良ければめちゃくちゃヘビロテしています。


今回は、これまでの人生で出会った、メロディがいいのはもちろん「鳥肌レベルに歌詞がいい曲」の好きなフレーズを紹介します。

1.月光/斉藤和義

俺はこんなもんじゃないんだって!こんなハズじゃないんだって!
信じておくれよ
わかってないアイツらが センスのないアイツらがバカなだけなのさ!
だからどうか あともう一杯だけ

あっちの席でオッサンは言ったよ 「オレは百人の女と寝たぜ」
こっちの席じゃ若者が 「男の価値は何で決まるのかな?」
そしたら隣の女が 「そんなの”家族”に決まってるでしょう!」


世界で一番かっこいいと思うロックンローラー、斉藤和義の曲です。

「こんなもんじゃない」「こんなハズじゃない」「悪いのは馬鹿なアイツらだ」。1つ目のフレーズは、思い通りにならない現状を他人のせいにして、自分はもっとできるはずだと考えてしまう、甘ったれた若者の思いを代弁しているかのようです。たまらん…


2つ目のフレーズ。「男の価値は、抱いた女の人数じゃなくて、家族で決まる」。これは、斉藤和義の持論だそうです。男が言ったら押しつけがましく聞こえるからあえて女の台詞にしたと、何かのインタビューで言っていました。


金がなくても、社会的地位がなくても、イケメンでなくてもいい。あなたの大切な人が「あなたがいて良かった」と思っているかどうかの方が大切だと思うのです。


2.青春時代/銀杏BOYZ

銀杏BOYZ 青春時代 - YouTube

そして僕は助走を付けた
惜しくもロングシュートは外れた
そしてその瞬間に いつの間にか僕は 僕は 大人になったんだ


まさにこの曲の通りなんです。学生時代、僕はサッカー部に所属していました。そして、とある試合でフリーキックを外しました。


それから約10年、色々なことがありました。一生の友人と出会い、嫁と出会い、子どもが生まれました。環境も何度も変わりました。


でも、一瞬だったんです。本当に一瞬のうちに、いつの間にか僕は、大人になっていたんです。


僕は中高時代、陰キャラで、鬱屈した学生生活を送っていました。今、この瞬間、あの頃にタイムスリップできたら、もっとうまくやれる自信があります。でも、それは無駄なこと。


青春時代は、二度と戻りません。惨めなこともあったけど、納得できないこともあったけど、僕の青春時代は、もう戻らない。


3.流れゆく世界の中で/東京スカパラダイスオーケストラ feat. mongol800

春も夏も秋も冬も 同じ場所で過ごして来た
世界中を旅するよりも幸せだった


結婚式とか、入学式や卒業式とか、僕たちは何かの節目をイベント化しがちです。別にそれはいいことだと思います。僕も結婚式を挙げましたが、やってよかったと思いますし、卒業式では感動して泣いたこともあります。


でも、もっと大切なものって、「日常」だと思うんです。


僕たちが過ごす時間の大半は「日常」です。名前もないような日々が僕たちの人生を作っています。


そんな何気ない日常を幸せだと感じられることは、とても素晴らしいことだと気付かせてくれる歌詞です。


4.ハローグッバイ/藍坊主

ヨーグルトのカップに赤とんぼが止まってる、
カラカラ乾いた、夕日の匂い。
木枯らしは木枯らしで、アリはアリで、ネコはネコ、
けどぼくは、いまだに、ぼくになれない。


秋の夕方を表す、これ以上の表現に僕は出会ったことがありません。小説の一説にあっても全く違和感のないレベルです。


後半の「ぼくはいまだにぼくになれない」という言葉からは、理想とかけ離れた自分の姿に、劣等感や「こんなはずじゃない」という思いを抱えていることがわかります。


本当によくこんな文章思い付きましたよね。言葉巧みすぎィ!


5.ライフイズビューティフル/amazarashi

ライフイズビューティフル amazarashi - YouTube

あっけなく命や夢が消える星で ありふれた良くある悲しい話
そんなもんに飽きもせず泣き笑い 人生は美しい
一つを手に入れて一つを失くして いつも何か足りないって泣いている
だけど後悔なんてしてやるものか 人生は美しい


「あっけなく命や夢が消える」と、すごくネガティブなことを言っているのに、「人生は美しい」というのは一見矛盾しているように思えますが、

不公平で理不尽な世界だけど「美しい人生にするんだ」という、強い意志を示しているのだと思います。


6.夢/syrup16g

夢 syrup16g - YouTube

どうしてみんな
そんなに そうやって
自由なんか欲しがる
悲しいぐらいに満たされた
この世界で
本能を無視すれば
明日死んじまっても
別に構わない
本気でいらないんだ幸せはヤバいんだ


この曲は、「満たされることの危険さ」を歌っています。


RPGだったら、村を出て、モンスターを倒して、少しずつ強くなって、呪文を覚えて...最終的にラスボスを倒したらゲームクリア。つまり終了です。


これが現実世界だったら、どうでしょう?夢を叶えて、もはやなんの目標もない状態になってしまったら・・・。生物として「死にたくない」という本能は持っていても、全ての願いを叶えて、生きる意味がなくなってしまったら、「死んでも構わない」と思ってしまうのではないでしょうか。


もしかしたら、それは死んでいるのと同じことかもしれません。


夢なんて、一生叶わない方がいいのかもしれませんね。


7.猫になりたい/スピッツ

猫になりたい スピッツ - YouTube

猫になりたい 君の腕の中
寂しい夜が終わるまでここにいたいよ
猫になりたい 言葉ははかない
消えないようにキズつけてあげるよ


とてもきれいな歌詞で、初めて聴いたときは鳥肌が立ちました。さすがスピッツですね。


「甘えたい、構ってほしい」という感情を「猫になりたい」という言葉で表すって、天才としか言えません。


8.ギプス/椎名林檎

あなたはすぐに写真を撮りたがる
あたしは何時も其れを厭がるの
だって写真になっちゃえば あたしが古くなるじゃない


そんなに歌詞を気にしたことはなかったんですが、通っていた大学の教授が林檎ちゃんが大好きで、飲みに連れていってもらったときに熱く語っていて、それで好きになりました。


以下、教授の言葉です。
「このフレーズの意味については、2つの解釈ができる。

1つ目は、写真の私は若いままで新しいのに対し、実物の私はどんどん年を取っていってしまう、という解釈。写真と実物の私を比べてほしくないから、写真を撮られるのは嫌だ、というんだね。

2つ目は、現在を生きている新しい私に対し、写真の私は過去の”古い私”であるという解釈。過去の古い私じゃなくて、新しい今の私を見てほしいから、写真を撮られたくないんだ。

林檎ちゃんはね、本当に深いんだよ。

あとね、東京事変結成前の最後のコンサートのDVDにもし、『ウオオー!』っていうオッサンの声が入ってたらね、それ僕だよ」。


9.キズナソング/THE BACK HORN

キズナソング - YouTube

誰もがみんな幸せなら誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ
だから世界よ もっと鮮やかな悲しみに染まれ


確かに、この世に人種差別というものがなければ、「We are the world」や「Imagine」、「People Get Ready」、「Born This Way」といった名曲は生まれなかったでしょう。


YUKIちゃんの「長い夢」という曲も、突然死してしまった息子さんのことがなければなかったと思います。エリック・クラプトンの「Tears in Heaven」もそう。


悲しみとは、それ自体が大きなエネルギーです。希望や幸せといったプラスの感情も、絶望や不幸というマイナスの感情がなければ存在しないものです。


音楽も含め、芸術作品の多くが負のエネルギーを基に作られたといっても過言ではありません。


でも、だからといって、悲しい思いをすることが「いいこと」とは言えないんじゃないか・・・。


うまくいえませんが、なんか難しいことを考えてしまう歌詞です。


10.STAY GOLD/Hi-STANDARD

I won't forget
When you said me "STAY GOLD"
I won't forget
Always in my heart "STAY GOLD"


和訳すると以下のような感じでしょうか。
「俺は忘れない
 お前が『輝き続けろ』と言ってくれたこと
 忘れないよ
 その言葉がいつも俺の心の中で輝き続けているんだ」


もう戻らない青春時代の輝きを思い出させる、素敵な歌詞だと思います。

11.sweet memory/エレファントカシマシ

sweet memory エレファントカシマシ - YouTube

俺の中の魂に物語 小さく君が笑った
遠いスウィート スウィートメモリー
世間のニュースも ざわめきも まるでBGM
そう二人だけの世界
遠いスウィート スウィートメモリー


恋人と別れたとき、もしくは、恋人と別れたと仮定して聴いてください。


そして、楽しかった思い出を頭の中に浮かべてみてください。


僕は、この曲を聴くと、共依存なんじゃないかと思うくらい、嫁と一番仲が良かった頃を思い出します。そのとき、お互いのこと以外は霞んで見える程でした。


今もそれなりに仲良くしていますが、あの頃ほどの関係性になることはもう二度とないと思います。


まさに今は遠い、スウィートメモリーを蘇らせる曲です。


12.素晴らしき日常/高橋優

まだ笑うことはできるかい?
まだやりたいことはあるかい?
そこから覗いてる西日の色はどんなんだい?
失望することばかりさ 希望を持って生きていれば
でも通じ合っているような気がする この一瞬を
愛して ただ愛して 生きてゆけるのなら
きっと明日は素晴らしい


東日本大震災が起こった頃、よくラジオからこの曲が聴こえてきたような気がします。テレビでは「ポポポポーン!」でしたね。


僕は、この日本という先進国で生まれ、世界的に見ると恵まれた環境で育ってきました。「幸せ」だと思ったことも何度もあります。


でも、現状に満足しているとはいえません。できれば働きたくないし、外車に乗りたいし、もっと色んなことを経験したり、色んなものを食べてみたい。


正直、気ままに生きている人を見ると嫉妬してしまいます。「俺ができないことを、何でこんなヤツができるんだ」と。揚げ足を取って、批判して、なんとか引きずり降ろそうとする一部の人の気持ちもわからなくはないです。


もはや自分はどうしたいのか、わけがわからなくなることもあります。そんなとき、僕はこの曲を聴きます。


インターネットを見ると、この国は悪意に満ちているように見えます。でも、実際に直接触れ合ってみると、いい奴ばかりじゃないけど、悪い奴ばかりでもない。高橋優は、「僕たちの選択や物の見方によって、眼前の景色は天国にも地獄にもなりえる」といいます。


僕は信じます。「きっと明日は素晴らしい」と。


13.ジュゴンの見える丘/Cocco

ジュゴンの見える丘 - YouTube

悲しみは いらない
やさしい歌だけでいい
あなたに降り注ぐ全てが
正しい やさしいになれ


東日本大震災の後のMステで流れて、大きな反響を呼んだ曲です。僕も見ましたが、めちゃくちゃ感動しました。


今までの人生で、間違いなく1番愛を感じた曲です。


なぜこんな曲が作れたのか。そのヒントは、彼女の著書「想い事。 」にあると思います。
彼女は、沖縄出身でありながら、ふるさとである沖縄に対して、非常に複雑な感情を持っています。


彼女には、在日米軍の男性と沖縄県民女性の間に生まれた「アメラジアン」の恋人がいましたが、今は亡くなっています。亡くなった理由はわかりませんが、沖縄ではアメラジアンの人々に対する差別が問題となっていて、Coccoの愛した人も沖縄の人々からひどい仕打ちを受けていたそうです。


「あなたが誰であろうと、あなたに向けられる世間の目は、好奇の目だとか、利用してやろうだとか、そういうのじゃなくて、優しく穏やかなものであってほしい」


そんなメッセージが込められているのかな、と思います。


14.同じドアをくぐれたら/BUMP OF CHICKEN

同じドアをくぐれたら - YouTube

手に入れるために捨てたんだ、揺らした天秤が掲げた方を
こんなに簡単な選択だ、いつまでも迷うことはない
その涙と引き換えに僕らは行ける


嫁が元カレと別れるときに聴かされた曲です。キザで腹立つ

僕は、1人の人間が優しくできる人の数は限られていると思っています。

恋愛関係で言うと、1対1が一般的な考え方です。恋人がいるのに他の人を好きになってしまったら、どちらか片方を選ばなければなりません。

「二股」という選択肢もありますが、それはどちらも大切にしていません。「優しくできる数」を超えてしまっています。

今自分の目の前にいる人。その人は本当に大切な人なのか。

無理をして大切でない人にまで優しくして、本当に大切な人のことをないがしろにしてしまっていないか。

そんなことを考えさせられる曲です。



15.12号室/SION

12号室 - YouTube

彼女は美しかった 彼女は美しかった
きれいな髪をしてた 声もやわらかだった
彼女の部屋はいつも 花の香りがした
いい香りがした ものすごくあたたかだった
彼女は全てを持ってた 白く長いはずの二本の足を除けば
彼女は美しかった 彼女は美しかった...


幼少期に、今でいう特別支援学校のようなところに入っていた経験を元に作られた曲です。


歌詞が「良い」かどうかはわかりませんが、初めて聴いたとき、すごい衝撃を受けたことを覚えています。


SIONは、福山雅治がカバーした「Sorry Baby」という曲が有名です。


16.謎謎/RADWIMPS

謎謎 - YouTube

真夜中に架かる虹のように
昼間に輝く星のように
夏に降り注ぐ雪のように
それは それは 新しかった
砂漠で観るシロクマのように
都会で観るオーロラのように
火星で観る生命のように
それは それは 美しかったから


「君」と出会ったときの感動・衝撃をこれほど美しく表現できる曲を、僕は他に知りません。


嫁との出会いを思い出す曲です。


僕が嫁に出会ったのは大学時代、学部の懇親会で居酒屋に集まったときのこと。めちゃくちゃタイプで、おしゃれな女の子(嫁)がいました。しかも行儀がいい。


完全に一目惚れでした。そのときの衝撃的な気持ちは、まさに謎謎の歌詞でないと説明が付かないくらいです。

ちなみにカラオケでこの曲を嫁に歌いましたが、スベりました。


17.ハイブリッドレインボウ/the pillows

Can you feel?
Can you feel that hybrid rainbow?
ここは途中なんだって信じたい
I can feel.
I can feel that hybrid rainbow.
昨日まで選ばれなかった僕らでも
明日を待ってる


名曲中の名曲。この曲以上に鳥肌が立つ曲を、僕は知りません。


この曲について、ボーカルの山中さわおは、「音楽と人(2007年6月号)」でこのように話しています。

ピロウズって変なバンドだなぁ、と思ったんだよね。理解されない時期が長かったからさ、誰もがすぐ思い浮かべて、誰もがきれいだねっていう虹と違う。みんなの思ってる7色でもない。だけど3人が合わさったことからできる、異種混合のハイブリッドな虹で、それを感じるか?っていう。俺はそれを感じてるよ、みんなは感じてくれてるかな?って


同期のバンドのスピッツやミスチルが大ブレイクするなか、いくつもの名曲を生み出しながらも、国民的バンドとまでは言われなかったピロウズの3人。


でも、ハイブリッドレインボウのこの歌詞からは「俺らはこれで行くんだ」という、強い信念を感じます。


ピロウズが奏でる異種混合の虹、俺も感じてるぜ。


18.暴れだす/ウルフルズ

あぁ 神様オレは 何様ですか
どうしていつも まちがえるのか

もしも あの時 もっと心に余裕があればなぁ
今まで こんなに人を悲しませずにすんだなぁ
人のために出来ることはあっても
人のために生きることができない


余裕がなくて、他人を傷付けてしまったことが、僕にはたくさんあります。


それも、友達や家族といった大切な人たちに。


「俺は一体、何をしているんだろう」と思ったときに聴くと、自己嫌悪や支えてくれる人たちへの感謝の気持ち・・・様々な感情がとめどなくあふれてきます。


19.羊、吠える/Mr.Children

羊、吠える - YouTube

狼の血筋じゃないから いっそ羊の声で吠える
「馬鹿みたい」と笑う君に 気付かぬ振りしながら


「俺のためかよ!?」と思った曲です。


イケメンだったり、高収入だったり・・・いわゆる勝ち組が「狼」。そうじゃない負け組が「羊」。


たとえ羊でも、かっこつけさせてくれよ。


20.みぎてのうた/コトリンゴ

みぎてのうた - YouTube

すごい速さで記憶となってゆく
きらめく日々を
貴方は どうする事も出来ないで
貴方など この世界の
切れつ端にすぎないのだから
貴方など 懐かしい切れぎれの
誰かや何かの 寄せ集めにすぎないのだから


こうの史代さんの漫画「この世界の片隅に」の劇場アニメ版の劇中歌として使われている曲です。


漫画では「しあはせの手紙」という名前でしたが、メロディが付けられ、ちょっと内容が省略され、「みぎてのうた」という曲名になりました。


あなたは、色んな事を見逃し、知ることもできないまま、死んでいく。


あなたの存在など、代用が効くものでしかない。運命などなく、たまたま、あなただったというだけ。


身も蓋もないことを言っているように聞こえますが、ぜひ漫画と映画を見てください。


世界の片隅だろうと、自分の存在が他の誰かでも変わりの効くものだろうと、精一杯日々を営んでいくこと。それこそが人生なのです。


最後に

音楽が持つ力には、無限の可能性があると思います。


リラックスできたり、テンションを上げたりするだけではなく、自分自身のことを振り返るきっかけとなったり、人生を変えることだって・・・。


特に歌詞がいい曲には、そんなエネルギーがたくさん宿っていると思うんです。