たぬき暮らし

たぬき顔の嫁と子供と暮らしているので。

注文住宅が思い通りにならない3つの理由と後悔する気持ちをぶっ飛ばす2つの手段

f:id:raccoonman6:20171022022200j:plain

家の新築に失敗しました。住むのに特に問題はないんですが、もっとオシャレな家ができるはずだったんです。
そもそも何で注文住宅なのに思い通りになってないんだろう...考えれば考えるほど嫌になってきて、一時は家のことを考えるだけで吐き気がしました。


ネット上で調べていると、新築の家を購入した人のうち、2人に1人が後悔しているというデータもあるようです。


今回は、注文住宅がなぜ思い通りにならないのか。そして、マイホームが気に入らない、好きになれないという気持ちを解決する方法を紹介します。

なぜ気に入らないポイントが出てきてしまうのか

そもそも、中古住宅や建売住宅ではなく、注文住宅を選択したということは、思い通りの家を建てるためだったはずです。
しかし、僕が実際に家を建てて思ったのは、注文住宅で100%理想どおりの家を建てることは不可能だということです。


なぜ、自由に設計できる注文住宅で、思い通りいかず、後悔してしまうポイントが出てくるのでしょう。


原因としては、次の3つが考えられます。

1.施主の予算上の都合による妥協
2.完成図をイメージできなかったことによるギャップ
3.建築業者との認識の違いや確認不足によるギャップ

他にも、建物自体に不満はなくても、ご近所トラブルや騒音など、それ以外のことで建てたことに後悔する可能性もあります。

1.施主の予算上の都合による妥協

予算なんてものがなければハイセンスな人気の建築家に設計してもらって、自分の要望をふんだんに取り入れたオシャレな家を建てることができますし、失敗しても建てなおせます。
でも、ほとんどの人は、限られた予算で可能な範囲の要望を叶えた家を建てることしかできないわけです。


僕の場合、狭い土地にこれまた狭い家を建てました。もともと3階建ての予定だったんですが、隣人に反対されて2階建てに変更して...まあ狭いです!


2.完成図をイメージできなかったことによるギャップ

建売住宅や中古住宅は既に完成しているので、実物でデザインを確認できますし、内覧して実際に住んだ時のイメージができます。

しかし、注文住宅はオーダーメイドです。「試す」とういうことができないのです。一発勝負です。
僕は、インターネットで試着なしで服を買うことがよくありますが、注文住宅もこれに似ているんじゃないかと思います。
デザインや素材、サイズなど色んな情報はあるものの、実際に着てみないとサイズ感や着心地は不明です。ネットで見たときはすごく良く見えるのに、実際に買って着てみるとイメージと違って後悔することがよくあります。
服は失敗しても着なければいいし、また別のを買うこともできますが、家ではそうはいきません。


もちろん建てる前は自分なりに勉強しましたが、やはり素人では限界があります。
プロでない限り、完成図を完璧にイメージすることは難しく、思い描いていた家と、実際に完成した家にギャップを感じることは避けられません。


3.建築業者との認識の違いや確認不足によるギャップ

家を建てる側が素人でも、建築業者が施主の意向をしっかりくみ取ることができれば、理想に近い家を建てることができると思います。
まあでも、これはやはり無理でしょう。なんせ家を建てなければ関わることのなかった赤の他人ですから。
施主がどんな趣味でどんな服のブランドが好きで、どういうものをオシャレだと感じているかなど、感性を理解してもらうことができれば良いのですが、業者からすればそんなことは興味がないし、そんな時間もないでしょう。


僕の家には階段が2つあるのですが、なぜかそれぞれ色が違います。僕は、工務店に階段の色をどうするか確認されなかったので、どっちの階段も床と同じ色だろうと思っていました。
しかし、工務店は「オシャレだと思って」あえて階段の色を変えたそうです。
僕は統一感を出したかったので同じ色が良かったし、そもそも色をどうするか確認してくれれば良かったのですが...
感性にズレがある以上、こういうことが起きることは避けられないでしょう。


しかも何度も家を建てるわけではないので、「ここなら間違いないだろう」と自分が身をもって信頼できると思える建築業者はありません。嫌だと思ったらやめられればいいのですが、家に関しては、嫌だと思ったときはもう後戻りできない状況になっている可能性が高いです。


POINT


「注文住宅だから100%理想どおりの家を建てられる」は間違い。なぜなら・・・

  • お金に限りある以上、どこかで妥協しなければらない
  • 試すことができない、一発勝負
  • 赤の他人の建築業者に、自分の意向を完璧にくみ取ってもらうことはできない

家を建ててしまったことを後悔する気持ちをぶっ飛ばす手段

気に入らない家を好きになるには、

  • 気に入るように家を改造する
  • 自分の考え方を変える

この2つの手段しかありません。


家を改造する

改造するといっても、模様替えからリフォームまで、その方法は様々です。
費用ができるだけ掛かず、敷居の低い改造方法としては、模様替えと簡単なDIYがおすすめです。
家の構造はどうにもならないし、外壁もなかなか素人が自分で塗装することは難しいですが、内装であればある程度変えることができます。


我が家は、前のアパートで使っていた家具をほぼ全部持ってきてそのまま使っていましたが、雰囲気が合わないので買い換えました。
ちょうどいいテレビボードが売っていなかったので自作、リビングが階段に直結していて空調の効率が悪いので室内ドアを自作したりしました。今はキッチンパネルにリメイクシートを貼ろうか考えています。


自分の考え方を変える

結局は精神論かよ!!


一番大切なのは気の持ちようです。考え方を変えることにお金は掛かりません。
注文住宅に失敗したからといって、全く後戻りできないわけではありません。その家を売って、それを元手にまた建てることはできます。しかし、十中八九余分にお金が掛かってしまうはずです。
しかし、そこまでするほど、人生において「家」は重要なモノなんでしょうか?家はあくまで、暮らす場所です。


また、後悔しているとはいえ、注文住宅ならあなたの希望がたくさん詰まっているはずです。
例えば僕は、狭い家だけどビルトインガレージで屋上と屋根裏部屋を作りました。また、小さいサイズのお風呂を勧められましたが、通常サイズのものにしました。
屋根裏部屋はちょっと微妙でしたが、ビルトインガレージはすごく便利だし、屋上はバーベキューなどもできて楽しいし、お風呂もゆったり入ることができて通常サイズにして良かったと思っています。


そういう良かったところにも目を向けて、少しずつ愛着がわいてくれば、後悔の気持ちも次第に薄れていきます。

まとめ

“家は3回建てて、初めて満足できる家を建てることができる”とよく言われますが、何回建てようが何かしらに後悔するのだと思います。
建ててしまったものは仕方ありません。愛着を深めていきましょう。ただの精神論ですけどね。


でも、家のことを考えるだけで吐き気がするどころか、実際に吐くレベルの場合は、いっそ家を売って立て直した方がいいかもしれません。
ガマンして住んで精神を病んだり体調が悪くなったら元も子もありませんからね。
僕も本音を言うとやっぱり建て直したいです。


WEB上で建築業者を探すなら

僕は以下のサイトを使って、建築業者を探しました。
大手のハウスメーカーだけでなく、指定した地域の工務店からも見積もりを取ることができます。間取りプランも作成してくれます。